塩ジャケ好きやねん

主に苫小牧から室蘭の釣りの話です。ハイシーズンは落とし込み釣り、オフシーズンはロックゲームでアブラコ・ソイ釣りを楽しんでます。

【泳がせ釣り】初めての本格泳がせ釣り (・∀・)

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

けんたなさんと一緒に泳がせ釣りでヒラメを狙いに行ってきた
(`・ω・´)

kentanaaa.hatenablog.com


発端はけんたなさんのブログにこんなコメントをしたのが発端

ラインでやり取りをして場所を伝えたら

一人で先行調査に行ってくれた
(・∀・)

kentanaaa.hatenablog.com

なかなかにアグレッシブである。

この時はヒラメが出ずに根魚ばかりだったが

ヒラメはいるに違いない
(`・ω・´)

泳がせ釣りは一度だけ経験がある。

大阪にいたときに

サビキでイワシばかり釣れるので飽きて

ノーシンカーでチヌばりに

イワシをかけて8〜9尺のチヌ竿で泳がせて

そこそこのサイズのサバを釣った。

こんなお遊びみたいなのだけ。

本格的に泳がせ釣りをするのは初めて

しかもヒラメ狙いなので楽しみだ
(・∀・)

この話を同僚のY氏に話すと

興味を示して一緒に行くことになった。





肝腎の銀平はけんたなさんが用意して下さった
m(_ _)m

kentanaaa.hatenablog.com

私とY氏が中山峠を抜けて向かうのは

虻田大磯漁港
(・∀・)





ロケーションが素晴らしく

塩ジャケの人お気に入りの漁港である。

ここの大きな防波堤の先端から

泳がせ釣りをしてみたかったんよ
(°▽°)

ただし潮汐長潮前日の小潮で潮の効きがかなりゆるく

コンディションとしては悪い方と思う。





釣り座を確保してからタックルを組む。

どうしてもロッドとバランスの取れる

5000番のスピニングリールが欲しく

voxy(id:wao6565)さんに勧められて買ったのが

ナスキーである。

塩ジャケの人が初めて持つシマノのリールだが

パワーがあり滑らかな巻き心地でコスパ良く

とっても使いやすかった。

voxyさんに感謝したい
(・∀・)

仕掛けは三又サルカンを使ったぶっ込み仕様。

捨てオモリは10号で鈎は丸せいごの16号。

捨て糸、ハリス共にナイロンの4号にした。





けんたなさんが持ってきてくれたブクの中から

生きた銀平を取り出して鈎につけるが

手についたにおいがすごい
((((;゚Д゚)))))))

しかもこの日に限って

グローブも手拭きのタオルも家に忘れてしまって大変だった。

次に泳がせ釣りするときはニトリル手袋しなあかんな。
(´・ω・`)

まずは一投目。

オモリが10号しかないから底を取りにくい。

もう少し重い方が良かったな。

魚のアタリはあるものの銀平を飲み込まない。

仕掛けを放置してると

ラインがほぼ真下の方に垂れていたので

リールを巻くと根掛かりである
(´・ω・`)

強く引っ張ると

捨てオモリだけが取れてガヤが付いてきた。

手についたにおいがすごいので

写真を撮らなかったが

泳がせ釣りの一匹目はガヤであった。

これで最悪の坊主は免れたぞ
(=゚ω゚)ノ

そこから泳がせ釣りを続けるものの

なかなかアタリが出ない
(´;ω;`)

その間にけんたなさんが良型のアブラコを

2本釣り上げた。

さすが北海道泳がせ釣りの第一人者である。
(*゚∀゚)*。_。)ウンウン





塩ジャケの人には最初のガヤからなかなか反応がない
(´・ω・`)

暇つぶしに

ベイトロッドにダイソージグを取り付けて

堤防際を探っていると小型のアブラコが釣れた

さすがにリリース
(ノ=゚ω゚)ノ 🐟

ここから塩ジャケの人にはまったく魚が来ない。

ちなみにY氏は20cmぐらいの

シマゾイを釣り上げていた。

実はその前にY氏の竿にすごく大きなアタリがあったが

餌だけ取られる痛恨のすっぽ抜け

もしかしてヒラメのアタリだったのかもしれん。

塩ジャケ人には何の反応もない。

それでもなぜアタリさえないのかを考えて

もしかしてと思ったのが

捨てオモリにつなぐ捨て糸の長さが

短過ぎるかもしれない?

銀平を底からある程度上を泳がせる方が

捕食者から見えるのでは?

捨て糸を1.5mぐらいにして放り込む。

しばらくすると竿先に変化があり

グーッと持ち込まれたので合わせると

乗った!

竿先がグーッと入る瞬間がたまらん。

けんたなさんがハマるのも分かる
(°▽°)

ナスキーを巻いていると浮いてきたのは

なかなかのサイズのアブラコ。

釣り座は足場が高いのでけんたなさんに

降りてもらい網ですくってもらったのがこれ

40cmないぐらいのアブラコ。

ナスキー入魂の儀を終えて一安心
(・∀・)

その後、また仕掛けを放り込むと

オモリが底について糸ふけを取っている間に

アタリ!

竿を持ったままラインのテンションをかけてると

またもグーッと竿が引き込まれて合わせると

さっきよりも強い引き
(°▽°)

またけんたなさんに取り込んでもらったのは

40後半のアブラコである
(`・ω・´)

楽しめたし餌の銀平もなくなったので終了。

けんたなさんと別れるがまだ8時にもなっていない。

まず手についたニオイをなんとかしたい。

車に積んである除菌ウェットティッシュでは物足りず

手を洗いたくて虻田の道の駅に行った。

釣りの後に手を洗うのは

道の駅や高速のPAのトイレが一番いいね
( ・∇・)

裏にある虻田漁港って釣りできるの?

それから暫く仮眠してケーキを買って帰ろうと

洞爺駅前のヴィオレットに寄ったが

お目当ての塩モンブランの個数が足りず断念。

代わりにレイクヒルファームに寄って

アイスジェラートを食べた

美味
(°▽°)

s.tabelog.com

さらに帰りに喜茂別のラーメン屋に寄って

塩ラーメンを食べた。

これも美味
(*゚∀゚*)

s.tabelog.com

室蘭に行ったときとは

また違う釣行の楽しみを味わえたぞ
(°▽°)

もう6月はいく暇がなさそうなので次は7月かな。