塩ジャケ好きやねん

主に苫小牧から室蘭の釣りの話です。ハイシーズンは落とし込み釣り、オフシーズンはロックゲームでアブラコ・ソイ釣りを楽しんでます。

【落とし込み】室蘭沖堤防絵鞆 金アブ出たが渋かった(^ω^;)

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

YouTubeを見てるとこんな動画があった。


堤防からの水中撮影 黄金のアイナメ 20201031

金アブである
(`・ω・´)

時間前後するが前回の室蘭白鳥大橋下に行ったのは

金アブを釣るためであった。

決してガヤやシマゾイで満足するためではない

※釣れたら金アブでなくても楽しかったよ(・∀・)

ならばどうするべきか?

そんなのは決まっていて

釣りバカなら3日の休みには行かねばなるまい。

室蘭沖堤防へ
(=゚ω゚)ノ



2日月曜日に予約を入れたが天気(特に風)が心配であった。

出発前に予報を見ると風が強い。

西風だから南以外かな?

まだ渡ったことのない絵鞆へ一回行ってみたいぞ

と思い札幌を出発

完徹を避けるために仕事から帰ってきて3時間ぐらい寝たそ。
(`・ω・´)



一路つりぶねやを目指し南へ

途中、トイレで高速のPAに寄っただけ。

到着は5時20分で間に合ったのだが

既に先客がいっぱいである。

ハイシーズンの日祝日だから仕方ない。
(=゚ω゚)ノ

日祝なら5時目標に来た方がいいか。



受付で今日は南への渡しはなしと説明を受けたので

ならば絵鞆を希望するも

ほかに誰もいないため北を選んだ。
(´・ω・`)

名簿を見ると北は人がいっぱいだけどしかたない。

この後に絵鞆を希望する人が現れることを望むだけである。

受付を済ませて準備をしていると

なんと絵鞆を希望するソロの人が現れた

とつりぶねやの人から教えてもらい

絵鞆へ渡ることになった。
(・∀・)

が、

もしかしてこれで運を使ってしまったのかもしれぬ
(´・ω・`)



絵鞆に降りたがほとんど無風である。

風が強くなる前に落とし込み釣りをしてしまおうと思うも

風が少し強くなったのは一瞬で釣りしやすい

絶好のコンディションの一日であった。


2020年11月3日 室蘭沖堤防絵鞆。ほぼ無風。

祝津風力発電のプロペラもほとんど回っていない。

天気もよく釣りしやすかった
(・∀・)



それでもworkmanインナーの上下に

イージスオーシャンの上を着ててちょうどいいぐらいで、

次はイージスオーシャンの下を履くかどうか悩む
(=゚ω゚)ノ



さて、広い絵鞆に二人である。

もう一人のソロの方はどこかで顔を見たような気がする。

装備、タックルもトーナメンターっぽかったし

書籍に載っていたのかもしれない。

ジロジロと顔を見てしまった気がする。
m(_ _)m

それぞれが思い思いの釣りを始める。

塩ジャケの人はいつも通りの落とし込み釣り
(=゚ω゚)ノ

ここまで細かく書いたのは

ここから先いつもの沖堤防と違い苦労の連続だったから。

仕掛けを組んで一投目

反応なし!

なんと沖堤へ来たのにまさかの反応なし!

波乱の幕開けとなった。
(´・ω・`)

2〜3ヵ所移動して別の場所で落とし込むと

深いところでガヤのあたり

潮位がかなり高いのに魚が上ずっていない。

かなりなタフコンディション
(´;ω;`)

ここでパワークラブからガルプイソメにワームチェンジした。

ガルプイソメは初めてだがどうなんだろうか、、、

と試してみたがあまり変化なし
(´・ω・`)

深場でポツポツとガヤの反応があるだけ。

落とし込み釣りで、反応が悪い時は

☆ガン玉を軽くする

☆鈎を小さくする

☆ハリスを細くする

☆ハリスを長くする

☆餌(ワーム)を交換する

を行うが、

鈎を小さくして飲み込まれるのも嫌なので

ガン玉を5Bから2Bに交換し

ハリスの長さを2mぐらいにしてみた。

次回はハリスも14lbから12lbにしてみようと思う。



①で下船したがこの辺りはサッパリだったので

②を目指すと少しずつガヤの反応がよくなってきた。
(・∀・)

気持ちが上向きになりパワークラブに交換し

先端付近で落とすと

落ちるはずのラインがピタっと止まる。

アブかな?と思い合わせるとグググーと引き左右へ走る。

パワフルなのでアブと分かったが

視認できるところまで上がってくると黄金色!

金アブである。
(`・ω・´)

45cmだったが体高もあり立派な個体であった。

真上からの写真しかなく見せられないのが残念

金アブはすぐにリリース
(ノ=゚ω゚)ノ 🐟



一本釣り上げてここからかなと思っても

状況が改善されずなかなか厳しかった。
(´・ω・`)

ガヤを釣り上げるときに

金アブが追いかけてくることも何回があったが

パワークラブには食いつかず。
(´・ω・`)

パワークラブを追いかけた金アブも視認したのに

最後に見切られたのか興味をなくしたのかバイトなし
(´・ω・`)

魚がいるのに食わせられなかった。

何か別の方法を取るべきだったのだろう。

次回の課題である。



そして11時過ぎにこの1匹を追加したところで終了。

これ多分アブラコじゃないと思う。
(・ω・?)

側線が一本だったし胸びれの縁に赤色が入っていた。



この後ガヤが上ずり始め

竿をしまわなければよかったと思うも時すでに遅し

睡魔が襲ってきて堤防壁にもたれかかって寝てしまった。
(ーωー;)zzzZZ

途中、PAで仮眠をとり帰札

楽しかったがもっと工夫、発想の転換が必要な釣行であった。

月内にあと1〜2回は渡る予定なので色々と考えたい。