塩ジャケ好きやねん

主に苫小牧から室蘭の釣りの話です。ハイシーズンは落とし込み釣り、オフシーズンはロックゲームでアブラコ・ソイ釣りを楽しんでます。

【落とし込み】室蘭沖北防波堤 金アブ(・∀・)

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

久々に釣行記事を書ける幸せ
(=゚ω゚)ノ

天気が悪かったりなんだかんだで10月は3回しか釣りに行けてない。

しかもそのうち一回は坊主
\(^o^)/



潮汐や天気などのデータは以下の通り

中潮から下げの小潮で潮位が高いまま。

8時以降は時合というよりもチマチマ釣れるイメージ?

風もいい感じだが流石に寒い。

どれぐらいの防寒が必要か悩む。

一応、workmanのイージスオーシャン持っていくとしよう。

太平洋側は波が高いが問題ないだろう。



つりぶねやに予約を入れたのが先週の金曜日。

この時はまだ塩ジャケの人だけ
(・・;)

そして、前日15:42に連絡を入れると誰も入ってない
(´;ω;`)

あと2時間ちょっと粘る旨を伝えて切電すると

なんと4分後につりぶねやさんから電話があり

ソロで予約が入ったと教えてくれた
(゚∀゚)

お互いに寝過ごしたらあかんやつと認識して

仕事終わってから午前1時30分に出発。

清田の吉野家で並と玉で腹ごしらえ

やっと時短営業から通常営業に戻り助かる
(・∀・)

高速に乗って早く着いてから仮眠を取る。

5時過ぎてもまだまだ暗いなぁ。

外でじっとしていると寒くなってきたのでイージスオーシャンを着込んだ。
(=゚ω゚)ノ

ソロの人と場所の打ち合わせたら今回は北に渡ることにした。



少し明るくなってから出発



北に降りるとまずは大黒島に二拍一礼し大漁と安全を祈願
(^人^)

エサは冷凍のイワガニ50匹を用意し、ガン玉は5Bからスタート。

ステージの真んから燈台側に落とし込んで行くと浅いためかしばらく反応なし。

うーん

途中でガン玉を2Bに変えても反応なかったがステージが終わる辺りから

カニの消耗が激しい
(´・ω・`)

ところがそのガヤを釣り上げた時に追いかける金アブの姿を見た。

テンション上がる!
(゚∀゚)

5Bに戻しその辺りを丹念に攻めたがこの金アブは釣れなかった。

それからまだガヤの猛攻が続き堤防先端で百式を巻き上げている時にグンと強いアタリがあり
竿を持っていく。

ガヤではないがアブなの?という引きで海面まで引き上げると


↑7:21

カジカ!

デカいしこのお腹何食べてんの?

このカジカを見てこいつを思い出してしまった
( ・∇・)


©️北斗の拳

防波堤の際にはカジカがあちこちに張り付いていたからね。

まぁ釣れるわな。

この時点でもう暑くて仕方ない。

イージスオーシャンを脱ぎにステージへ戻るついでに陸地側に折り返していった。

結局、ステージでは反応がなく2Bに変えてステージを越えたところでやっと一匹目


↑7:35

かなりのおデブちゃん

産卵前の個体と思うのですぐに(ノ=゚ω゚)ノ 🐟

この後すぐにかかったがバラしてしまい2匹目まで少し時間が空いたな。


↑8:26

3匹目

↑8:34

この辺でカニの残量が20匹ぐらい。

ガヤで消耗が半端ない
(´・ω・`)

4匹目は水面まで引き上げると金色の魚体が見えた


↑8:56

今シーズン初の金アブである。

お会いできてよかった
(°▽°)

5匹目は引きが違う!

水面まで引き上げるとまさかの連続金アブ




↑9:20 3枚とも同一個体

サイズは51cmで体高もあり今日一の立派な個体
(・∀・)

まさか連続で金アブ釣れるとは思いもしなかった。

そして6匹目

これもまさかの金アブ!


↑9:27

まさかの3連発❗️

1985年のバース、掛布、岡田の3連発バックスクリーンのホームランを彷彿とさせたぞ
(°▽°)

この後、2匹目のカジカはスレンダーな個体


↑9:40

7匹目

↑9:55

8匹目

↑10:27

ここでとうとう餌の冷凍イワガニが切れる
\(^o^)/

パワークラブで代用してみたがガヤしか釣れなかった。

餌が少なくとももう10匹あればツ抜けできたのに残念
(=゚ω゚)ノ



そしてお迎えの船が来て終了である。

写真を見れば分かると思うが風もなくとても落とし込み釣りしやすい一日だった。

奥さんを夜勤に連れて行かないとならないので高速で帰宅。