塩ジャケ好きやねん

主に苫小牧から室蘭の釣りの話です。初夏から初冬までは落とし込み釣り、それ以外はロックフィッシングでアブラコ・ソイ釣りを楽しんでます。

【落とし込み】室蘭沖北防波堤 釣り納めにはしたくない (`・ω・´)

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

まだ行きたいでござる
(`・ω・´)

 ずっと天気に恵まれずなかなか行くことができなかったが、、、やっとやっと行くことができた。今回はY氏と同行である。できれば年内にもう一回行きたいけどどうなるかやな。

 事前情報は以下の通り。


 大潮後の中潮で全体的に潮位が高いのが嬉しいわな。風はあるけどなんとか釣りになりそう。ただし寒いのでしっかりと防寒していかないとどうにもならんやろうね。そして肝心の海水面温度は10℃を下回っており、アオイソメでも十分に落とし込み釣りができるようになった。なので前日にアオイソメを釣具センターで購入したぞ
(=゚ω゚)ノ


うーん
やはり気持ちが悪い
(´・ω・`)

 とまチョップの横にアオイソメを置くようなことをして、ホントにとまチョップが好きなのかと疑問に思われるかもしれないが、塩ジャケの人はとまチョップ大好きである
(`・ω・´)

 この日は予約をしたときに混んでいると伝えられ第二便で7時出発となるので朝6時30分ぐらいのつりぶねや着となった。もちろん、家を出るときに使い捨てカイロはセットしておいたぞ。途中のオーシャンビュー山岡家でしっかりとラーメンを食べた。少しでも暖かくなるように辛味噌ネギラーメンである。

 つりぶねやに着くと車だらけやね。到着するまではどこに渡るか考えていたが、今回は風の都合で南への渡船はなしで必然的に北防波堤へと渡ることになった。防寒着を着てフィッシングベストを着てなどいろんな準備をし、さてクーラーに入れておいたアオイソメを餌箱に移そうとするとジャリって音が、、、え?なに?と思ったらなんと

アオイソメが凍ってた
\(^o^)/

 なんで?なんで?いつも通りにクーラーに保冷剤入れて車に積んでるのに。今までそんなことなかったのに。もしかして保冷剤にいいものを使ったから?せっかく西岡の釣具センターで活きのいいアオイソメを買ったのに死んだアオイソメを使う羽目になってしまった。
(´・ω・`)

 7時前につりぶねやを出発する。曇天でどんよりとした天気だが風はそこまで強くなく何とかなりそう。北防波堤に上がったら恒例の大黒島に二拍一礼をして大漁と安全を祈願した
(。-人-。)

 タックルはだいたいいつも通り

 風があるのでガン玉は6号からスタート。管付きチヌを5号にしてみたが鈎を外しにくかったので次回から6号に戻す。

 ステージの真ん中ぐらいからスタート。二投目で底でモゾモゾしたアタリがあり合わせるとアブの引きだがそんなに大きくないと分かる。

一匹目 7:26

 とりあえず死んだアオイソメでも釣りになるのが分かって一安心
(=゚ω゚)ノ

 釣りを続けると二匹目も底。今日はずっと底じゃないのかな?と思ってタナを探らずに底を狙っていくことにした。ベタ底を狙うときは一回一回巻き上げて落としてたら効率が悪い。なので着底したら仕掛けを横に引きずるように動かす。効率はいいのだがどうしても根掛かりが増える。

二匹目 7:57

三匹目 8:06

四匹目 8:23

 ステージから崎守の方へ向かって進んでいるのだが、北西の風が強く顔に当たってつらい。涙と鼻水がでてきてしょうがないので、まず崎守側へ移動してからステージに戻ることに決めた。これだと風を背中に受けることになるので幾分か楽
(・∀・)

 崎守側の第一投目はガヤ。え、ガヤいたの?写真も撮らずにリリースである。ただし海水面温度がかなり下がっているので予想通りガヤの反応はほとんどなかった。今回の釣行でガヤは3匹釣っただけだったからね。

 なかなかいい反応がない中で変な感じのバイトがありやり取りするとアブでもないしガヤでもない。何だろうと思って海面に姿を見せたのはシマゾイの色の濃い個体かなと思って網ですくうとなんとハチガラだった。室蘭でハチガラ釣るのは初めてvoxyさんに連れていってもらったとき以来の二回目。

9:42

 美味しいんだけどなぁ、、、ここからステージまで戻るの面倒リリース(ノ=゚ω゚)ノ 🐟。命拾いをしたハチガラであった。

 このあたりから風がさらに強くなり飛沫が壁を超えて堤防に降り注ぐようになってきた。フロロラインとガン玉6Bでも底を取りにくいったらない。どうしようもなく5Bを二つ連弾でつけてようやく底が分かる。予報では風速6となっていたけど、絶対にそんなのではない。9とか10あるんじゃないの?このあと三回ぐらい飛沫を頭から被ってしまった。

五匹目 10:22

六匹目 10:39

七匹目 10:53

 この間にもう一本かかって取り込もうとしたのだが、タモ網が風で落ち着かずアタフタしてる間にバレてしまった。
(=゚ω゚)ノ

八匹目 11:32

九匹目 11:42

十匹目 12:05 これでつ抜け

十一匹目 12:13

 ここで自分のアオイソメがなくなった。ステージに戻りY氏からアオイソメをもらうと生きている!生きたアオイソメを鈎に刺して落としてみるとすぐに反応があり十二匹目が釣れた。鈎の返しを潰していたけどアオイソメが鈎から外れることもなかった。
(・∀・)

十二匹目 12:30

 これにて納竿。迎えの船に乗り復路は波飛沫を浴びて戻った。船が結構揺れたからね。地面に足がつくことの幸せを感じて道の駅で手を洗いに行く。そこからいつもなら若鶴でカレーラーメンなのだが今日は天勝で鍋焼きうどんを食べた。冷え切った身体に滋味が行き渡る感覚がしたぞ。美味
(°▽°)


r.gnavi.co.jp

 今回はY氏の車で来たので帰りは寝させてもらえて楽だった
( ・∇・)

 風が強く竿を持つ手が安定しない一日だった。持っているだけで筋力をかなり使う。途中で腕の握力がなくなってきて最後の方はアブとのやりとりに苦労したわ。風がない好条件でアオイソメが生きていたらもう少し釣果が伸びたと思う。年内はまだ釣れそうなのでもう一回行きたい。次回は南に渡りたい
(`・ω・´)