塩ジャケ好きやねん

主に苫小牧から室蘭の釣りの話です。ハイシーズンは落とし込み釣り、オフシーズンはロックゲームでアブラコ・ソイ釣りを楽しんでます。

【ロックゲーム】室蘭沖堤防南防波堤 変な緊張感(・・;)

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

18日水曜日の午前中につりぶねやに電話をした。

20日祝日の予報を見てキャンセルである。

あちらも金曜日は状況がよくないと分かっていて

仕方ないですねとのお返事だった。

そこから

19日が波風が落ち着いて絶好のコンディションなので

平日ですけどどうですか?と聞かれたはビックリしたが

生憎仕事があって無理であった (; ̄ω ̄)

荒天もなんでもうちょっと待たれへんねんと恨んだが

20日の釣行は無しになってしまった。
(´・ω・`)



しかし

22日に予約を振り替えた (=゚ω゚)ノ

その日は風が少し残るかもしれないと言われたが、、、

Windyだとそうでもないが波がやや高めかもしれない。

もしかして南沖堤防は渡れないかもと思いながらも当日を待った。

f:id:shobon53:20200319102613j:plain



今回の釣行はいつもの単独沖堤防ではなく

同僚のK氏と一緒である。

道東から札幌市内の事業所に異動して来たので

誘ったら二つ返事で快諾してくれた (*^ω^*)

彼は室蘭に行く前にネットで検索して

室蘭がロックフィッシュの聖地である

と知り期待感を膨らませてくれていた。

なんとしても大物を釣って欲しいと切に願う。

ここで万一坊主でも喰らったら

潮ジャケの人の言うことは

今後聞いてもらえないであろう。
(`・ω・´)

それでなくてもこのような世相である。

一丸となって難局に立ち向かわなければならない時に

同僚のやる気を無くしてしまっては事業所どころか

会社の存続に影響するかもしれない。

会社の命運が同僚K氏の釣果にかかっている

というとんでもない釣行になってしまった。
((((;゚Д゚)))))))



出港は6時なので5時 30分には到着したい。

同僚K氏を迎えに行くが北区在住の人間なので

夜中1時 30分に家を出発してK氏宅到着が2時。

そこから、延々と下道を走行し

途中の白老ローソンにも立ち寄り(4時 30分)

f:id:shobon53:20210815124455p:plain

つりぶねや到着が5時 30分であった。

f:id:shobon53:20210815124508p:plain

寒さもほとんど感じず風も穏やか。

爆釣の予感大である (`・ω・´)



船上で感じる風がひんやりして気持ちいい
(・∀・)

長時間運転で火照った顔を冷ましてくれる。

こんなに好条件なので南防波堤に渡ることもできた。

景色も最高である。

f:id:shobon53:20210815124527p:plain
f:id:shobon53:20210815124535p:plain



まだ水温もそれほど高くないから

ディープエリアを攻める方が良いだろうと判断し

燈台の方へと向かった。

同乗していた他の釣り客たちはどちらかというと

大黒島よりのシャローエリアへ。

こんなに天気の良い日曜日に南防波堤の燈台を独占できるとは

出来過ぎである (`・ω・´)



塩ジャケの人、同僚K氏ともに気持ち良く一投目。

塩ジャケの人にはバイトあり

K 氏はオンフックするも途中でバラシ。

この後の何を示唆しているのか?

不安が少し鎌首を持ち上げた。
(´・ω・`)



しばらく我慢が続くが塩ジャケの人に

バイト、オンフック!

Daiwa HRF air kj 83MBがグンと曲がる。

これは!

大きい!

網入れを手伝ってもらってこちら。

f:id:shobon53:20210815124558p:plain

50ジャスト! (`・ω・´)

これを見てK氏も気合いが入る

が、根がかりに苦労している。

特に南防波堤は根がかり多いからなぁ。



そして二人ともこの後、反応が遠くなる。

不安的中 (´・ω・`)

それでも塩ジャケの人は何とか

カジカ2、ガヤ1を釣り上げる。

f:id:shobon53:20210815124616p:plain

一方、K氏はまったく釣れていない。

これは拙い

会社存続の危機!
((((;゚Д゚)))))))

天気もよく有意義な休みを過ごせたと

言ってくれてはいるが

誘った側としては

何か釣って欲しい願いでいっぱいである。

嫌な緊張感が走る。

二人ともに諦めモードに入っていたが

ここでK氏のロッドが曲がる。

とにかく何でもいいからバレないでくれと願いつつ

網入れを手伝うと大型のアブである。

f:id:shobon53:20210815124632p:plain

47cm!!

二人とも大喜び (・∀・)



そして会社の危機も去った (=゚ω゚)ノ



実はK氏はメインワームのガルプが切れて

予備のピンクの小さなワームを使っていた。

やや濁り気味だったのでこの色が正解だったのかもしれない

そのピンクのワームを一つ借りて試してみると

グンと強いバイトがあり

オンフックで引き上げるも大きい!
(`・ω・´)

と喜んだのも束の間

根に潜られてしまった

痛恨のミス (´;ω;`)



結局、アブは二人で一匹ずつで終了。

f:id:shobon53:20210815124707p:plain

お腹が空いたのでカレーを食べてから帰札

f:id:shobon53:20210815124719p:plain



帰る途中に二人なら白老でも渡ることができるから

室蘭よりもずっと楽になるから

次は白老にしましょうと決めた (・∀・)